ホーム>スタッフブログ>プライベート>五月満月祭 鞍馬寺
プライベート

五月満月祭 鞍馬寺

 

時代が令和に変わった最初の五月満月祭(ウエサクさい)に参加するために、18日の夕方、鞍馬に向かいました。

琵琶湖大橋を渡り、三千院の右手を進み、家からバイクでちょうど1時間です。

五月の満月は宇宙から地上に強いエネルギーが降り注がれる時なので、いちばん清く大切な願いをひとつだけ、

心をこめて祈れば聞き届けられるというのを知ってから、今年は絶対に行こうと思っていました!

(何といっても令和初!です)

 

燈篭にはもう、灯りがともっていました。

2019528141624.jpg

 

 

この門をくぐると、気が変わるのがわかります。

2019528141649.jpg

 

 

ケーブルに乗らずに歩きます。

帰りは真っ暗なこの道を歩いて帰るので、懐中電灯持参です。

2019528141847.jpg

 

 

一心に願えば、願事が叶う、パワーのある願掛け杉、大杉さん。

2019528141922.jpg

 

 

白い美しい花がたくさん咲いている木がありました。枝の伸び具合が爽やかでいい感じです。

2019528141948.jpg

 

 

鞍馬に来ると、宇宙の中にすっぽりと入ったような・・・、魑魅魍魎も神も、人間も自然も、

すべてが同じ空間の中に、ただただ存在する・・・・そんな感じがするのです。

2019528142025.jpg

 

 

九十九折参道を登っていきます。

201952814216.jpg

 

 

二時間前に到着しましたが、もうすでに、たくさんの人です。

清水を捧げ、心のともし灯を輝かせ、すべてのめざめと平安を心に祈る光と水の聖なる祭典・・・ワクワクします。

2019528142129.jpg

 

 

別の日に撮った本殿です。

手前にある六芒星の所に立ち、両手を上げると、宇宙とつながる!!ので、万歳している方がいつもいっぱいです。2019528155241.jpg

 

 

赤いロウソク、「心のともし灯」。

皆さん手にして歩いているので、ガラスの中のロウソクがカラカラと鳴って、

心地よい懐かしいような音があちらこちらで聞こえていました。

2019528142155.jpg

 

2019528142226.jpg

 

 

日が暮れて、いよいよ始まります。撮影禁止なので、写真はないです。

 

鞍馬のお経はとても優しい響きがありました。  魔王尊に祈る聖詩は皆で唱えます。

「われらのおん父 魔王尊・・・」独特の世界です。でも皆で唱えると天に届くような気がします。

本殿からきたともし灯が、参列者の赤いロウソクに次々とともっていくのは、とても幻想的でした。

祭儀が終わると、本殿の地下に行きます。ここには信徒の髪が入ってる壺がたくさん並んでいました。

ここを抜けると、満月の光を浴びた聖水を一口頂いて、終わりです。

2019528142316.jpg

 

 

外に出ると、星曼荼羅に置かれた心のともし灯がとても美しかったです。

祭儀が終わったので撮影してもよいようでした。

願い事が叶うわ・・・とふと思いました。

2019528142342.jpg

 

 

燈篭がたくさんともっていたので、真っ暗ではありませんでした。

普段は行けない、夜の鞍馬寺、行けてよかった!

2019528142428.jpg

2019528142450.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kawabata-bk.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/137

ページ上部へ
...loading